【ランド・シー】

ディズニーシーを心から楽しむために、今すぐやるべきこと【通になる】

ディズニーシーを心から楽しむために、今すぐやるべきこと【通になる】

 

今度ディズニーシーに行く人 「ディズニーシーを楽しむコツってありますか?」

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事では、

①ディズニーシーを楽しむためにディズニー作品を見るべし

②ディズニーシーを楽しむために見るべきディズニー作品

という内容について書きます。

 

今度ディズニーシーに行くことになって

やったー!たのしみ!

と思っている人。

もっと通な楽しみ方を知って、もっと楽しみたいと思いませんか?

 

修学旅行でディズニーシーに行くことになったり、家族旅行でディズニーシーに行くことになったり、彼氏彼女に誘われてディズニーシーに行くことになったりして、

ディズニーってそんな興味ないし、待ち時間長いし疲れるし、楽しめるかなあ

って不安な人。

どうせ行くなら楽しみたいと思いませんか?

 

この記事はそんな方々に対する記事です。

※今この記事を読んでいるのが真夜中で、「明日ディズニーシーに行きます!」という人には意味のない記事になってしまうと思います。が、そうでない人は、この記事を読むのと読まないのとでは、ディズニーシーをどれだけ楽しめるかが変わってくるかと思います!

ディズニーシーを楽しむためにディズニー作品を見るべし

リトルマーメイドの画像ディズニーシーを心から楽しもうと思ったら、ディズニー作品をある程度見ておくべきなんです。

理由は

・人間は、事前の予備知識があると「あ、これ知ってる」ってなって、より楽しめるようになるから

・ディズニーパークのエンターテイメントは、作品の世界観の再現度がすごいから

です。

 

まず一つ目の「人間は、事前の予備知識があると「あ、これ知ってる」ってなって、より楽しめるようになるから」についてです。

たぶんこれ、みんな経験あると思います。

例えば学校の授業なんかそうです。

学校の授業で、50分間全く知らない内容について授業を受けたら、キツイですよね。

でも、知らない内容もあるけど、ちょくちょく知っている内容(もう習ったことがある内容)が出てくると、「あ、これ知ってる」「この話知ってる」ってなって、気持ちが前向きになるというか、楽しめたりしますよね。

それと同じです。

人間って、事前の予備知識があると、より楽しめるようになるんですよ。

そういえば海外旅行する時も、下調べしてから行くよねー!

カーズランドの画像

二つ目の「ディズニーパークのエンターテイメントは、作品の世界観の再現度がすごいから」についてです。

いろんなテレビ番組で放送されていたりするのでもう知っているかもしれませんが、ディズニーパークのこだわりって本当にすごいんですよ。

だから、ディズニー作品について予習(復習)しておくと、「あ、これ映画のやつだ」って思うものをたくさん見つけることができて、もっと楽しむことができるようになります。

 

私自身、何年か前に初めてアメリカ合衆国のロサンゼルスにあるディズニーランド・リゾートに行きました。

その中のディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークに、映画「カーズ」の世界観を再現したカーズランドっていうのがあるんですよ。

で、そのカーズランドの作り込みがスゴイってことを聞いていたので、ロサンゼルスへと出発する確か2日前とかに、必死になってカーズ観たんですよね(それまでカーズみたことなかった)。

って感じで予習してからカーズランドに行ったら

カーズランドの画像

すげーーーー!本物じゃん!

ってなって、ムチャクチャ楽しめました。

 

ディズニーシーも、アトラクションやショーなどのエンターテイメントで作品の世界観が再現されています。

ディズニーシーを心から楽しもうと思ったら、ディズニー作品をある程度見ておくべきです!

ディズニーシーを楽しむために見るべきディズニー作品

じゃあ、何の作品をみればいいの?

って人のために、まずはディズニーシーのエンターテイメントの中で、原作があるものをまとめました!(テーマポート順)

【アトラクション】

タートル・トーク 『ファインディング・ニモ』
トイ・ストーリー・マニア! 『トイ・ストーリー』
ニモ&フレンズ・シーライダー 『ファインディング・ニモ』
インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
『インディ・ジョーンズ レイダース/失われたアーク《聖櫃》』
キャラバン・カルーセル 『アラジン』
ジャスミンのフライングカーペット 『アラジン』
マジックランプシアター 『アラジン』
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ 『千夜一夜物語』
アリエルのプレイグラウンド 『リトルマーメイド』
スカットルのスクーター 『リトルマーメイド』
フランダーのフライングフィッシュコースター 『リトルマーメイド』
マーメイドラグーンシアター 『リトルマーメイド』
海底2万マイル 小説『海底二万里』
センター・オブ・ジ・アース 小説『地底旅行』

【ショー】

ファンタズミック!

『ファンタジア』『リトルマーメイド』『ピノキオ』『ライオンキング』『リロ・アンド・スティッチ』『アラジン』『美女と野獣』『シンデレラ』『眠れる森の美女』

これをふまえて、ディズニーシーを楽しむために見るべきディズニー作品ランキングを紹介します。

 

1位 リトルマーメイド

リトルマーメイドの画像ディズニーシーのテーマポートの1つであるマーメイドラグーンが『リトルマーメイド』をモチーフにしていますので、必見です!

夜のショー(ファンタズミック!)にも出てきます。

2位 ファインディング・ニモ

ファインディングニモの画像2つのアトラクション(タートル・トーク、ニモ&フレンズ・シーライダー)の原作ですし、夜のショー(ファンタズミック!)にも一部出てきます。

余裕があれば続編『ファインディング・ドリー』もチェック!

3位 アラジン

アラジンの画像テーマポートの1つであるアラビアンコースト自体が、『アラジン』に登場するランプの魔人ジーニーが魔法によって生み出した世界、という設定です。

また、夜のショー(ファンタズミック!)にもアラジンの場面が結構長いこと出てきます。

4位 トイ・ストーリー

トイストーリーの画像ディズニーシーに行くときに多くの人が人気アトラクションであるトイ・ストーリー・マニア!を体験することになると思いますので、トイ・ストーリーについて知っておいた方がいいです!

特にトイ・ストーリー3がオススメですので、時間に余裕があれば3作全部見るべきです。

(時間がない場合は1作目だけでOK)

5位 ファンタジア

ファンタジアの画像

夜のショー(ファンタズミック!)のいたるところに、ファンタジアの世界観が再現されています。

日本で公開されたのは1955年で、かなり昔の作品です。

有名な映画なのでなんとなく覚えている人が多いと思いますが、この機会に復習しておいた方が絶対にディズニーシーを楽しめます。

まとめ ディズニー作品を見るなら

ディズニー作品を見るなら、動画配信サービスで見るのがオススメです。

動画配信サービスは

・Netflix
・Hulu
・U-NEXT
・dTV
・ビデオパス
・amazon プライムビデオ
・Abema TV

と、何種類もあって分かりにくいので、下記の記事でディズニー映画を見られる動画配信サービスについて、その人のタイプ別に紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ディズニー映画を見るのにふさわしくない動画配信サービスもありますので、ご確認ください。

【徹底比較】ディズニー映画を見るならどの動画配信サービス?【ぶっちゃける】

 

おしまい!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です