パークお役立ち情報

上海ディズニー男1人旅個人手配を2週間前の直前予約で成功させた話

上海ディズニーにツアーじゃなくて個人手配で行きたい人 「上海ディズニーに行くにはどうしたらいいの?」 「どうせなら個人手配がいいんだけど、何が必要なの?」
 
 
 

こういった疑問に答えます。

 

私は、2019年に個人手配で上海ディズニーに男一人旅で行ってきました。

行くと決めたのは2週間前

航空券も予約していない状態でしたが、2週間前からの直前予約で個人手配を成功させることができました。(パスポートは既に持っていました)

「急に上海ディズニーに行きたいって思って、どうせ無理だ…」

 なんて最初から諦めないでください。

「行きたい」って思った上海ディズニーを、

「直前だから」という理由で諦めるのはもったいないです。

「行きたい」っていう熱意が湧いた時だからこそ、

 上海ディズニーをより楽しめるんです。

 諦めたら、上海ディズニーに行く夢が可能性は0になりますよ。

 でも、人間、本気になれば直前でも上海ディズニー旅行を実現できます! 

今回は、上海ディズニーに行くためのノウハウと、注意点について紹介します。

目当てのアトラクションが休止していないか確認しましょう

上海ディズニーは2016年にできたパークだけあって、

アトラクションが最新技術満載で、ものすごいです!

特に

カリブの海賊 バトル・フォー・ザ・サンケン・トレジャー

 

トロン

は絶対に体験すべきアトラクションです。

 

また、ショーもすごいです。

特に

ターザン コール・オブ・ザ・ジャングル

は中国雑技を楽しめるアクロバティックなショーです。

 

このような、目当てのアトラクションやショーが、旅行日に休止していないかどうかのチェックは必須です。

チェックは、このサイトで行います。

https://www.themeparktourist.com/rehab-watch/shanghai-disneyland

まず最優先は航空券の予約です!

私は、skyticket(スカイチケット)を使って予約をしました。

LCCの格安航空券が欲しかったのですが、

希望日の上海への直行便は、さすがに値段の高いものしか残っていませんでした。

私が予約したのは、次のような航空券でした(2泊3日の予定)。

【行き】

アシアナ航空

 6:10 羽田空港発

 8:50 仁川国際空港着

アシアナ航空

 10:50 仁川国際空港発

 11:55 上海浦東国際空港着

【帰り】

アシアナ航空

 8:25 上海浦東国際空港発

 11:20 仁川国際空港着

アシアナ航空

 21:25 仁川国際空港発

 23:25 羽田空港着

2週間前でもなんとか予約できました。

 

ちょっとここからは自分の失敗談、、、。

今まで、友人にも誰にも言っていなかったのですが、

実はこの航空券、諸料金込みで84,500円もしました。

高すぎて、なんか恥ずかしくて誰にも言えませんでした(笑)

自分としては、2週間前だから仕方ない、それよりも上海ディズニーに行きたい!という思いで我慢。

乗り継ぎ(トランジット)は少し面倒くさかったけど、

仁川国際空港はアジア最大級のハブ空港で行ってみたかったので、良しとしました。

帰りは仁川国際空港での乗り継ぎの時間が長めの航空券にして、

ついでに韓国観光をすればいいかな、と。

 

でも、直前予約で高い航空券になってしまった自分の計画性のなさが恥ずかしくて、

「航空券いくらだったの?」と聞いてくる友人には、

「航空券は3~4万だったかなー」と見栄を張っていました(笑)

なんてったって、毎日毎日、安い航空券出てこないかなーと、skyticket(スカイチケット)のサイトを見まくった苦労もありましたからね。

これだけ苦労して、高い航空券(しかも乗り継ぎあり)って、

恥ずかしくて今の今まで内緒にしていました。

 

当たり前ですが、、航空券の予約早めがいいです。

ただ、skyticket(スカイチケット)での予約はデメリットもあります。

1000円~2000円ほどの事務手数料がかかってしまうんですね。

ただ、銀行振込であれば事務手数料は無料になりますし、

以前スカイチケットを会員として利用している人はリピーター割引がききますし、

たまに限定のスペシャルクーポンも配布しています。

 

いずれにせよ、早めの航空券予約に勝るものはないと思うので(笑)、

日時がある程度決まっているのであれば、さっさと予約してしまいましょう。

旅行・出張・帰省などに便利!skyticket.jpで最安航空券をすぐに検索♪

次にすべきことは宿泊ホテルの予約です!

私は、Expedia(エクスペディア)を使って予約しました。

私と同じように個人手配をしている人は、

ノボテル上海クローバー

というホテルをオススメしているので、

私もノボテル上海クローバーに宿泊しようとしました。

 

が、

なんと、良い部屋がもう既に予約で埋まっている状況。

これまた、値段が高めの部屋しか残っておらず、

さっき航空券で84,500円も使ってしまった私はあえなく断念。

参ったな、、、と思いましたが、Expedia(エクスペディア)を使って、

近場の安いホテルを探して、予約できました。

泊まったのは、

上海ジョイフル スター チェンヤン ホテル (浦東エアポート / ディズニー / 自由貿易区) (上海星之悦酒店 (浦东国际机场迪士尼自贸区晨阳店))

(Shanghai Joyful Star Chenyang Hotel (Pudong Airport/Disney /Free Trade Zone Area)

ホテル予約ならExpedia(エクスペディア)

(上のホテルの名前で検索してみてください)

 

値段は、

禁煙のスタンダードルーム(Twin)

朝食、空港送迎サービス、上海ディズニー送迎サービスつきで、

税金など込みで

2泊で合計6,430円でした。

上海浦東空港や上海ディズニーまでのアクセスは送迎バスで20~30分程度ですので、

アクセスも悪くないです。

確かに、2016年オープンのノボテル上海クローバーの方がキレイですよ。

でも、ノボテル上海クローバーは1泊8000円程度。

上海ジョイフル スター チェンヤン ホテルは1泊2800円

すごくないですか。

 

サービスが悪かったり、部屋が汚かったりするんじゃないの、、、って思うかもしれませんが、

全然問題ないです。

部屋はこんな感じです。

なんといっても、ホテル従業員のおじさんが印象に残っています。

このおじさん、ベルボーイ(チェックインの時に荷物を部屋まで運ぶなどの業務をする人)をしてくれたり、

ディズニー送迎をしてくれたりしたんですが、

とってもとっても優しくて

私のことを気に入ってくれただけなのかもしれませんが、

廊下で目があってあいさつをしたら、すごく嬉しそうにあいさつしてくれたり、、と。

上海ディズニーからホテルに向かうバスの待ち合わせの時も、

私のことを見つけて笑顔で手を振ってくれたり。

 

勝手な偏見で「中国人って怖い」って思ってしまっていたのですが、

このおじさんに私は心を奪われました(笑)

※もちおは男性です。

 

上海ジョイフル スター チェンヤン ホテル、上海ディズニーに行くならオススメですよ。

とにかく、航空券と同じくらいホテル予約は優先順位が高いので、

ホテルも早めに予約をしてしまいましょう。

ホテル予約ならExpedia(エクスペディア)

パークチケットを購入!

パークチケットは、絶対に事前にネットから購入しておいた方がいいです。

(パスポートが必要です)

 

上海ディズニーランドのパークチケットはすべて日付指定券ですので、

現地で当日券を購入しようと思っても、混雑状況によっては買えない場合もあるからです。

絶対に、事前にネットから購入してください。

 

私は、滞在1日目は昼から半日イン、2日目は朝から丸一日イン、という予定でしたので、

2DAYチケットを購入しました。

私が行った日は「ピーク料金」の(平日よりも少し値段が高い)日でしたので、

2DAYチケット(10%OFFになります)で

値段は1034元でした。(日本円で大体17,000円ですね)

上海ディズニーのパークチケットは、公式サイト

https://www.shanghaidisneyresort.com/en/tickets/

で購入しましょう。

とりあえずここまでで上海ディズニーに行く準備はできました。

本当の最低限として、航空券とホテルとパークチケットさえあれば大丈夫です。

ここから先は、

上海ディズニーでの滞在をより良いものにするために準備した方が良いことについて書きます。

しっかり準備しないと思わぬ落とし穴がありますので、必見ですよ。

中国はLINEが使えないので、SIMカードを事前に購入すべきです!

中国本土ではインターネット検閲が行われていて、

LINEやFacebook、Twitter、Instagramが規制されていて使えません。

さすが中国だなあ、と思ってしまいますが、仕方ありません。

 

上海ディズニーでの出来事を、リアルタイムで友達にLINEしたかったな、、、。

その場でTwitterやInstagramに映え画像をあげたかったな、、、。

悔しいけど、日本に帰国するまでLINEやFacebookやTwitterは我慢、、、

っていうわけではありません!

 

なんと、中国でもLINEやFacebook、Twitter、Instagramを使える方法があります

モバイルWi-Fiのレンタル

一つ目の方法が、中国での規制を回避して使えるモバイルWi-Fiのレンタルです。

VPNサービスがなんたら、、、と、やや面倒くさかったり、

Webサイトでの予約後、国内の主要空港にあるカウンターでレンタルセットを受け取るので、

出発前に少しバタバタしてしまったりするかもしれません。

が、家族やカップルなど複数人で行く場合はモバイルWi-Fiiの方が良いかと思います。

【 海外行くなら!イモトのWiFi 】

レンタルする時は、「中国プレミアム回線プラン」で申し込みます。

1日あたり1500円程度ですので、悪くないですね。

ちなみに、渡航日の30日以上前に予約すると、早割料金になります。

中国本土と香港で使えるSIMカードの利用

二つ目の方法が、中国本土と香港で使えるSIMカードの利用です。

私は、これを利用しました。

このSIMカードは、SIMロックされているスマホでは使えませんので要注意です。

使えるようにするためには、スマホをSIMフリーにする必要がありますので、手続きなど、やや面倒くさいです。

ただ、既にSIMフリーのスマホを持っている人であれば、

中国に到着した後、スマホにこのSIMカードを入れれば、

中国でもLINEやFacebook、Twitter、Instagramを使うことができます。

接続を開始してから8日間有効ですので、1週間以内の滞在であれば問題なく使えますね。

回線の速度も問題ありません。

ポチっとしてしまえばいいだけなので、気楽です。

中国でLINEを使うためのまとめ

SIMフリーのスマホを持っていなくて、

手続きがちょっと不安な人や空港で生身の人間にいろいろ使い方を聞きたい人は、

モバイルWi-Fi

 

SIMフリーのスマホを持っていて、

自分でSIMカードを入れ替えたりするのに抵抗がないのであれば、

SIMカード

かな、と思います。

いずれにせよ、中国でのネット対策が必要です。

①【 海外行くなら!イモトのWiFi 】

海外旅行保険はクレジットカードで大丈夫です

最後に、海外旅行保険についてです。

中国で病院に行くことになってしまうと、治療費などがものすごいことになってしまうこともありますので、

海外旅行保険は必須です。

中国の衛生環境ってやっぱり不安じゃないですか(笑)

特に水。大丈夫かなって。

私はすごく健康体で、ほとんど病気をしたりはしないのですが、

それでもやっぱり心配でした。

海外旅行保険、絶対に考えてくださいね。

 

で、私も海外旅行保険に申し込もうと思いましたが、

調べるのがすごく面倒くさくて(笑)

そこで思い出したのが、クレジットカード付帯の海外保険

出典:三井住友カード

これが使えたので、結局、海外旅行保険は申し込みませんでした。

クレジットカード付帯の海外保険は、使う機会は今まで一度もありませんでしたが、

あるとやっぱり安心ですよね。

あと、上海ディズニーで、

クレジットカードがあってよかった~

と思った経験談があります。

上海ディズニーでは、ほとんどのショップ・レストランで

クレジットカードが使えます。

私もそのことを知っていたので、

「まあクレジットカードがあれば余裕やろ~」

くらいに思っていました。

なので、羽田空港で日本円を両替する時も、

「まあこれくらいでいいか」

と、適当に日本円で約7000円分、

中国元に両替しました。

 

上海浦東空港に着いて、いざ上海ディズニーへ。

上海にはリニア(Maglev)があって、それに乗ってみたいと思ったので、

空港からはタクシーではなく、電車で行きました。

ちょっとずつ、中国元を消費。

中国の運賃は安いので、全然痛くない痛くない。

が、上海ディズニー現地に着いて、驚愕の事実が判明。

なんと、ポップコーンワゴンなどのフードワゴンでは、クレジットカードが使えないのです。

そして、ワゴンで販売されているメニューの値段が高い高い。

ポップコーンはレギュラーボックスで35元。

日本円にして約580円。高い、、、。

という感じで、

ワゴンフードが魅力的だったので、どんどんお金が飛んでいきました。

1日目、ホテルまでの交通手段はタクシーを考えていたのですが、

中国のタクシーではクレジットカード決済はほとんど使えないらしく、、。

「現地でなんとかなるっしょ」くらいの感覚で下調べを十分にしておらず、

タクシー料金の相場も分かっていなかったので、

「この手持ちの現金で、ホテルまで無事にたどり着けるのか?」

と急に不安になって、お腹が痛くなってきました。

 

で、いろいろと調べたらなんと、

パーク内のATMで、日本のクレジットカードを使って

中国元を引き出せることを知りました。

よかったー、と思い、

クレジットカード(普段使いの三井住友VISAカード)で試してみたのですが、

なぜかエラーが出て引き出せず。

 

もう、絶望ですよ。

終わった、、と思っていたら、

そういえばJCBのクレジットカードも持っていたことを思い出し、トライ。

そうしたら、なんとエラーが出ず、

中国元を引き出すことができました。

 

「ああ、これで生きて帰れる」

って心の底から思いました。

ディズニー・デザインのカードだったので、

「ミッキー、ありがとう」って心の底から思いました(謎)

クレジットカード、絶対に用意しましょう

できれば、2枚

ちなみに、、、中国のATMでは、機械の故障でクレジットカードが戻ってこないこともあるそうです。

そういう時はカード会社に連絡すればいいらしいのですが、

そのカードはしばらく使えなくなりますので、

上海ディズニーへの旅行では、クレジットカードは2枚以上持つべきです

 

ちなみに、私が使っていたのは

三井住友VISAカードのゴールドカード。

学生の時は三井住友VISAデビュープラスカードを使っていました(デビュープラスカードは海外旅行保険は付いていないので要注意)。

出典:三井住友カード

海外旅行保険付きのクレジットカードは、上海ディズニーに行くなら絶対に必要です。

 

ちなみに、海外旅行保険付きのクレジットカードを2枚持っていると、複数の保険に加入したことになります

1枚:1枚分の保険が適用される

2枚:2枚分の保険が適用される

なので、2枚以上準備した方がいいです。

ポイントは、海外旅行保険と海外キャッシング機能が使えるような組み合わせで準備することです

オススメのクレジットカード

三井住友VISAカード

出典:三井住友カード

年会費初年度無料

海外旅行保険自動付帯

海外キャッシング可

エポスカード

出典:エポスカード

年会費永年無料

海外旅行保険自動付帯

海外キャッシング可

楽天カード

出典:楽天カード

年会費永年無料 

海外旅行保険つき(保険が有効となるためには出国前のカード決済が必要。自宅から出発空港までの交通費や渡航先への航空券を楽天カードで決済すればOK。)

海外キャッシング可

年会費永年無料の楽天カード

ANAカード

出典:ANAカード

年会費初年度無料 

海外旅行保険自動付帯 

海外キャッシング可能

ANA JCBカード

まとめ:なるべく早めに準備をしよう!

このように、ちょっとしたハラハラドキドキはありましたが、

2週間前からの直前予約で、上海ディズニー個人手配を成功させることができました。

「急に上海ディズニーに行きたいって思って、どうせ無理だ…」

 なんて最初から諦めないでください。

「行きたい」って思った上海ディズニーを、

「直前だから」という理由で諦めるのはもったいないです。

「行きたい」っていう熱意が湧いた時だからこそ、

 上海ディズニーをより楽しめるんです。

 諦めたら、上海ディズニーに行く夢が可能性は0になりますよ。

 でも、人間、本気になれば直前でも上海ディズニー旅行を実現できます! 

 

以上、上海ディズニーに行くためのノウハウと、注意点についての紹介でした。

上海ディズニーでの思い出については、また別記事に書きますので、

そちらも良かったら読んでくださいね。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です