【ランド・シー】

2020年3月25日にファンタズミック!が終了するけど、全然悲しくない理由を書く【ディズニーシー】

2020年3月25日にファンタズミック!が終了するけど、全然悲しくない理由を書く【ディズニーシー】「ファンタズミック!」が終了します!

 

こんにちは。
ディズニーブロガー・ディズニーYouTuberのもちお(@sofmotmic)です。
ディズニーで良い思い出を作るためのお得情報などを勉強し、ブログで発信しています!

 

2019年8月26日に、東京ディズニーリゾートの公式ページで

ファンタズミック!の画像「ファンタズミック!」が2020年3月25日(水)をもって公演を終了する

ことが発表されました。

 

  • 「そろそろファンタズミック!終わるんじゃない?」
  • 「ファンタズミック!っていつまで?」

と、かねてから終了が噂されていましたが、その噂通りになりました。

 

終了を悲しむ声がたくさんあるようですが…

僕は、

やっとファンタズミック!が終わってくれる!良かったー。

という冷たい目線です(笑)

 

そこで本記事では、

東京ディズニーシーの「ファンタズミック!」

について書きます。

「ファンタズミック!」の終了が噂されていた理由

まず、「ファンタズミック!」の終了が噂されていた理由について簡単に書きます。

大きく3つ。

①機材の不調が多かった

ファンタズミック!の画像

機材の不調は公演開始当初からありましたが、最近はその不調が多かったようです。
(特にマレフィセントのドラゴンの不調はすさまじかった)

数日間、システム不具合で公演が中止されることもありました。

そんなわけで、

そろそろ機材が限界をむかえているのでは?

という印象がありました。

 

②クリスマスショーが2019年で終了することが発表されていた

カラー・オブ・クリスマスの画像ディズニーシーのクリスマスショー「カラー・オブ・クリスマス」は、「ファンタズミック!」で使っているバージ(船)を流用して、2012年から公演され続けていました。

その「カラー・オブ・クリスマス」が2019年で終了されることが発表されていたので、

「ファンタズミック!」もいよいよ終わるのでは?

と予想されていました。

 

③2020年のリハブが予定されていなかった

ファンタズミック!の画像「ファンタズミック!」は、例年1月~2月頃にリハブ(メンテナンス)が行われていましたが、2020年はそれが予定されていませんでした。

なので、

「リハブせずにそのまま終了させるのかも」

という噂がありました。

「ファンタズミック!」が終わっても悲しくない理由

では、そんな「ファンタズミック!」が終わっても悲しくない理由について説明します。

①機材がしっかり動くか不安でショーに集中できない

ファンタズミック!の画像

システム不具合が多いショーなので、見ていて不安になるからです(笑)

特にショー終盤、一番の盛り上がりを見せる場面と言ってもいい「マレフィセントのドラゴン」が起動しないことが多いです。

 

なので、せっかくの盛り上がりの場面で、

「ドラゴンちゃんと起動するかな…」

って考えてショーに集中できなくなります(笑)

 

②ウォータースクリーンが微妙

FANTASMIC!の画像

アメリカの「FANTASMIC!」を知っている人からすると、

「ファンタズミック!」と言えばウォータースクリーン

って感じなのですが、

そのウォータースクリーンが微妙だからです。

というのも、ディズニーシーは風が結構強いので、ウォータースクリーンの霧(ミスト)が風に流されて、プロジェクターできれいに照射することができないからです。

アメリカの「FANTASMIC!」は、実物のキャラクターとウォータースクリーンの映像がシームレスに(途切れずに)切り替わるところがスゴイです。

 

が、東京の「ファンタズミック!」は、強風できれいに照射できないことをふまえて、ウォータースクリーンが「背景を作り出すもの」という位置付け

なので、ちょっとガッカリなんです。

 

③アメリカの「FANTASMIC!」が大好きすぎるから

アクアスフィアの画像

一番の理由はこれです。

アメリカの「FANTASMIC!」が大好きすぎて、どうして比べてしまうからです。

東京版「ファンタズミック!」があまり好きではない人の多くは、このパターンな気がします。

 

東京ディズニーシーの「ファンタズミック!」は、アメリカで1992年から行われていた「FANTASMIC!」を日本に持ってきたものです。

最初はディズニーランドに持ってこようとしたけれど、結局は実現できず、

その代わりに「ディズニー・ファンティリュージョン!」というパレードが1995年から東京ディズニーランドで開始された

っていうのは結構有名な話です。

で、長年、オリエンタルランドが抱いていた「日本にFANTASMIC!を」という思いが実現したのが、東京ディズニーシーの「ファンタズミック!」なのです。

 

ファンタズミック!の画像が、僕はあまり好きになれず…。

というのも、僕はアメリカのカリフォルニア州アナハイムにある「ディズニーランド・リゾート」の「FANTASMIC!」が大好きだからです。

僕が見たのは、2017年7月にリニューアルされる前の「FANTASMIC!」。

オープニングの静寂の中、デデーンと燕尾服のミッキーマウスが登場します。

で、燕尾服のミッキーマウスが

FANTASMIC!の画像
  • くねくね踊ったり
  • 両腕から花火を出したり

と、ちょっとしたパフォーマンスした後に、ウォータースクリーンがパーっと出て、ミッキーマウスのイマジネーションの世界が始まります。

その後は、ウォータースクリーンの映像と実物とがシームレスに入れ替わって、ディズニーの様々なシーンが再現されます。

FANTASMIC!の画像そして、ヴィランズが登場。

「これは僕の夢なんだ」

ではなく、

「This is my dream!」

と言い、マレフィセントのドラゴンを倒します。

で、その後のクライマックスの部分が、東京版とは比べものにならないくらいスゴイです。

 

FANTASMIC!の画像蒸気船マークトウェイン号が、静かにやってきます。

 

FANTASMIC!の画像

なんと、蒸気船ウィリーの白黒のミッキーマウスが操縦しています。

 

FANTASMIC!の画像そして、マークトウェイン号には、大勢のディズニーキャラクター。

このスケールのデカさが半端ないんです。

東京版だと、どうしても船を4つに分けざるを得ないので、スケールが小さいのですが、アメリカ版はすさまじいです。

そして、この時の音楽も最高です。

Here in your mind,

Its magic youll find.
When out of the night
,
Dark forces ignite
To blind you with frightening speed
,
You use your might
To brighten the light
,
Creating a night of wondrous deeds!

アメリカ版のクライマックスの音楽を知っていると、どうしても東京版の音楽が受け入れられません。

で、最後に魔法使いの弟子のミッキーマウスが登場します。

FANTASMIC!の画像で、ミッキーの魔法で花火(パイロ)を操ります。

この花火(パイロ)が、音楽と完全にシンクロしていて、花火(パイロ)の音が音楽の一部のように聞こえます。

 

この花火(パイロ)を音楽と一体化させるテクニックは、東京ディズニーシーで「ファンタズミック!」の前に行われていた

「ブラヴィッシーモ!」

でも見られました。

「ブラヴィッシーモ!」での、花火(パイロ)と音楽の調和は素晴らしかったのですが、なぜか「ファンタズミック!」だと、その調和がイマイチで。

ファンタズミック!の画像花火(パイロ)と音楽がズレているように思えてしまうんです。

 

が、アメリカ版の「FANTASMIC!」は、その調和が素晴らしくて、心を奪われます。

また、この時の音楽も本当に良いです。

最後は東京版と同じ音楽なのですが、アメリカ版の方が重厚感がある音楽です。
(東京版は、厚みがなくてなんか軽く聴こえてしまう)

 

FANTASMIC!の画像で、魔法使いの弟子のミッキーマウスが一瞬で消え、最後に燕尾服のミッキーマウスが再登場します。

そして、

Some imagination, huh?

と言って、消えます。

この、流れが最高に良いんです。

燕尾服のミッキーマウスが登場

ディズニーのイマジネーションの世界

魔法使いの弟子のミッキーマウスが、水と花火(パイロ)を操る

燕尾服のミッキーマウスが再登場し、「Some imagination, huh?」(ちょっとしたイマジネーションさっ!)って言って消える。

最初と最後に燕尾服のミッキーマウスが出てくることに深い意味があるんです。

ファンタズミック!の画像が、東京版はなぜか最初から魔法使いの弟子のミッキー。

 

ファンタズミック!の画像そして、終盤にディズニーキャラクターが勢ぞろいする場面で、燕尾服のミッキー。

 

ファンタズミック!の画像最後は、白い衣装の魔法使いの弟子のミッキー。

こんな感じで、わりと謎展開なのです。

どう考えてもアメリカ版の方が完成度が高くて、東京版が見劣りしてしまいます。

なので、どうしても東京版の「ファンタズミック!」が好きになれませんでした。

東京ディズニーシーの「ファンタズミック!」のまとめ

ファンタズミック!の画像以上、アメリカ版について熱く語りつつ、

東京ディズニーシーの「ファンタズミック!」

について書きました。

東京版の「ファンタズミック!」をかなりディスってしまいましたが、アメリカ版と比べてしまうからっていうだけで、比べなければ素晴らしいショーだと思ってはいます。

特に、リドアイルで至近距離で見る「ファンタズミック!」は最高です。

 

「ファンタズミック!」は2020年3月25日(水)をもって公演を終了です。

後継ショーを楽しみにしています(笑)

カラー・オブ・クリスマスの画像最後に、このブログを読んで「ディズニーに行きたい!」って思ってくださった方へ。

ディズニー旅行の予約はExpedia(エクスペディア)でできます。

航空券とホテルの予約も一緒にできるので、ディズニー行きたい!って思った人はサクッと予約してしまいましょう!

Expediaでディズニー旅行のプランを考えてみる

 

以上、もちお(@sofmotmic)でした!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です