【クレカ】

ディズニーデザインのJALカードは発行しても損しない?解説する

ディズニーデザインのJALカードは発行しても損しない?解説する「ディズニーデザインのJALカードって発行しても損しない?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@sofmotmic)です。

 

本記事では、

ディズニーデザインのJALカード

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • ディズニーデザインのJALカードのメリットがわかる
  • ディズニーデザインのJALカードのデメリットがわかる

 

この記事の信頼性

  • 徹底的に調べました

 

JALカードの画像
JALカード
おすすめ度★★☆☆☆

年会費2,200円~(初年度無料)。

JALのヘビーユーザー以外にはメリットがない。

 

ディズニーデザインのJALカードは4種類

ディズニーデザインのJALカードは4種類あります。

  1. 普通カード
  2. CLUB-Aカード
  3. CLUB-Aゴールドカード
  4. プラチナ

 

 

普通カード

JALカードの画像
引用:JALカード

還元率 0.5%(マイル)
年会費 2,200円(初年度無料)
国際ブランド JCB
保険 海外旅行傷害保険(最大1,000万円)
国内旅行傷害保険(最大1,000万円)
電子マネー
追加カード 家族カード(1,100円)
ETCカード(無料)

 

 

CLUB-Aカード

JALカードの画像(CLUB-Aカード)
引用:JALカード

還元率 0.5%(マイル)
年会費 11,000円
国際ブランド JCB
保険 海外旅行傷害保険(最大5,000万円)
国内旅行傷害保険(最大5,000万円)
電子マネー
追加カード 家族カード(3,850円)
ETCカード(無料)

 

 

CLUB-Aゴールドカード

JALカードの画像(CLUB-Aゴールドカード)
引用:JALカード

還元率 1.0%(マイル)
年会費 17,600円
国際ブランド JCB
保険 海外旅行傷害保険(最大1億円)
国内旅行傷害保険(最大5,000万円)
電子マネー
追加カード 家族カード(8,800円)
ETCカード(無料)

 

 

プラチナ

JALカードの画像(プラチナ)
引用:JALカード

還元率 1.0%(マイル)
年会費 34,100円
国際ブランド JCB
保険 海外旅行傷害保険(最大1億円)
国内旅行傷害保険(最大1億円)
電子マネー
追加カード 家族カード(17,050円)
ETCカード(無料)

 

 

 

 

ディズニーデザインのJALカードのメリット(特典)

JALカードの画像
引用:JALカード

JALカードのメリットを3つピックアップして紹介します!

  1. ボーナスマイル
  2. ショッピングマイル
  3. 各種割引

 

 

①ボーナスマイル

フライトでマイルがさらにたまります。

①入会搭乗ボーナス 入会後、初めての搭乗で1,000マイル
(CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナなら5,000マイル)
②毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
(CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナなら2,000マイル)
③搭乗ごとのボーナス フライトマイルの10%
(CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナなら25%)

 

 

②ショッピングマイル

ショッピングでマイルがたまります。

通常 200円=1マイル
ショッピングマイル・プレミアムに入会
(年会費3,300円)
100円=1マイル

※家族会員のショッピングマイルは本会員のマイル口座に積算される。
※CLUB-Aゴールドカード、プラチナ会員は「ショッピングマイル・プレミアム」に自動入会(年会費無料)。

 

 

③各種割引

各種割引が適用されます。

JAL/JTA機内販売商品の割引 JALカードで支払うと10%割引
(さらにショッピングマイルが2倍に)
空港店舗・免税店での割引 JALカードか現金で支払うと割引くわしくはこちら
JALパックツアー割引 国内ツアー5%割引
海外ツアー3%割引

 

 

 

 

ディズニーデザインのJALカードはお得なの?

JALカードの画像
引用:JALカード

ディズニーデザインだからと言って、通常のJALカードとの違いはありません。

 

クレカの券面にパイロット姿のミッキーが描かれているだけです(これがかわいいんだけどね)

 

じゃあ、JALカードは持つ価値があるのか?というと…これは僕の意見ですが、JALのヘビーユーザーでない限り、JALカードを持つ必要性は低いかなあ…と思いました。

 

JALカードの、他のクレカにはないメリットと言ったら、やっぱりマイルがたまること。

で、マイルの一番魅力的な交換先は航空券になるはず。

 

ですが、普通にクレカでの支払いでマイルをためて、航空券をゲットしようと思ったら、かなりの額の支払いをしないといけなくなります

例えば、東京ー大阪間(普通席)の往復特典航空券約12,000マイルでゲットできるようです。

で、JALカードでの支払い額200円につき1マイルたまるので…

 

200円 × 12,000 = 240万円

 

つまり、240万円使えば、航空券をゲットできるってことw

結構な額ですよね。

 

マイルを効率的にためようと思ったら「ショッピングマイル・プレミアム」に入会(年会費3,300円)して、「100円=1マイル」にした方が良いですが、これに入会したとしても、120万円の支払いが必要です。

 

まあ120万円の支払いなら、月10万円をクレカで支払うってことなので、わりと現実的かもしれません。

 

 

が、いずれにせよ東京ー大阪間(普通席)の往復航空券をゲットするハードルは結構高いです。

 

というわけで、普通のクレカ支払いでマイルをためる難易度は結構高いので、フライトでマイルをためる方が効率的になります。

①入会搭乗ボーナス 入会後、初めての搭乗で1,000マイル
(CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナなら5,000マイル)
②毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
(CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナなら2,000マイル)
③搭乗ごとのボーナス フライトマイルの10%
(CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナなら25%)

 

結論、「JALのヘビーユーザーでない限り、JALカードを持つ必要性は低いかなあ」となります。

 

ただ、やっぱりパイロット姿のミッキーマウスはかわいいので、そこに価値を感じてしまうのは僕だけじゃないはずw

 

 

 

 

ディズニーデザインのJALカードのまとめ

以上、

ディズニーデザインのJALカード

について解説をしました。

 

まとめると、

JALカードの画像
JALカード
おすすめ度★★☆☆☆

年会費2,200円~(初年度無料)。

JALのヘビーユーザー以外にはメリットがない。

となります。

 

 

もちお(@sofmotmic)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA