パークお役立ち情報

ディズニーアトラクションでシステム調整を経験。マルチエクスペリエンスとは

ディズニーアトラクションでシステム調整を経験。マルチエクスペリエンスとは「ディズニーのアトラクションのシステム調整って何?」

このブログ記事は、そんな方々に向けて書いています。

こんにちは。
ディズニーブロガー・ディズニーYouTuberのもちお(@sofmotmic)です。
ディズニーで良い思い出を作るためのお得情報などを勉強し、ブログで発信しています!

はじめてアトラクションのシステム調整を経験しました。

で、「マルチエクスペリエンス」というものをもらいました。

 

そこで本記事では、

システム調整の画像アトラクションのシステム調整とマルチエクスペリエンス

について紹介します。

ミッキーのフィルハーマジックでシステム調整を経験

フィルハーマジックの画像2019年8月11日の夜、ミッキーのフィルハーマジックでシステム調整を経験しました

その日はパークがものすごい混雑していましたが、ちょうど夏の夜ショー「オー!サマー・バンザイ!」をやっている最中でしたので、待ち時間表示は「10分待ち」

 

フィルハーマジックの内装の画像すんなり前室に入れて、しかもタイミングが良かったのでスムーズにシアターに入ることができました。

 

「10分待ち」とはいえ、シアターは満席の状態。

で、通常通りメインショーが始まりました

ミニーマウス
「それではみなさん、お待たせいたしました。

ミッキーマウスとフィルハーマジックオーケストラの登場です。

はっ!

ミッキー、ドナルドはどこ?オーケストラがいないの。

もう始まる時間なのに!」

ミッキー
「始まる時間?」

グーフィー
「たいへん!幕を開けなきゃ!」

ミッキー
「グーフィー!まだダメだよ!」

グーフィー
「えー?なにー?なんて言ったのー?」

(ミッキー登場)

ここで音声が止まり、キャストさんがザワザワし始めました。

で、「安全装置が作動した」というキャストさんのアナウンスが入りました。
(フィルハーマジックで「安全装置」って何だろう?って思いましたが(笑))

当然、ゲストもザワザワ。

シアター内が明るくなりました。

そして、確認ができるまでゲストは座って待つように指示されました。

 

で、5分くらい待ったところ、システム調整のためゲストは退室することに。

マルチエクスペリエンスとは?

ディズニーアトラクションでシステム調整を経験。マルチエクスペリエンスとはそこで、「マルチエクスペリエンスの登録をする」というアナウンスがキャストさんからありました。

マルチエクスペリエンスとは、

ファストパス(FP)非対応アトラクションを、通常よりも短い待ち時間で体験できる優先券

とのことでした。

このマルチエクスペリエンスは、本日に限り、時間指定なく使えるそうです。

フィルハーマジックの画像たぶん、フィルハーマジックがファストパス非対応なので、マルチエクスペリエンスを使えるアトラクションもファストパス非対応のものに限るっていうことだと思います。

もちお
もちお
ファストパス対応アトラクションでシステム調整が行われてマルチエクスペリエンスをもらえた場合、たぶんファストパス対応アトラクションでも使えるようになるはずです。

登録は、キャストさんが持っている機械でパスポートのQRコード(もしくはアプリ上のQRコード)をスキャンすることによって行われました。

シアターの最後列の人から移動して、出口のところで、端末を持ったキャストさんにパスポートをスキャンしてもらう、という流れです。

僕はシアターの後ろから2列目に座っていたのですぐ対応してもらえましたが、ゲスト全員のパスポートをスキャンするのにはそれなりに時間がかかりそうです。
(キャストさんも大変そうです)

 

システム調整の画像シアターから出ました。

フィルハーマジックの入り口では、キャストさんがシステム調整の案内をしていました。

で、システム調整を知ったゲストは

ドナルドが戻らなくなったんじゃない?www
ドナルドのせいかww やっちゃったなwww

と無責任になぜかドナルドのせいにしていましたが、たぶんドナルドのせいです。

ディズニーアトラクションでシステム調整を経験。マルチエクスペリエンスとは

で、公式アプリ上に「マルチエクスペリエンス」が登場しました。

このパスを使えば、アトラクションを通常よりも短い待ち時間で体験できることになります。

ディズニーアトラクションでシステム調整を経験。マルチエクスペリエンスとは

今回はファストパス非対応アトラクションのみ。

ってことで、向かう先は一つしかありません!

ピーターパン空の旅でマルチエクスペリエンスを利用

ピーターパン空の旅の画像ファストパス非対応アトラクションで待ち時間が長いものといったら、やっぱり「ピーターパン空の旅」です。

ミッキーのフィルハーマジックからも近いです。

で、やっぱりみんな考えることは同じで、

ディズニーアトラクションでシステム調整を経験。マルチエクスペリエンスとは

スマホを片手に持ったゲストが「ピーターパン空の旅」の前にごった返している状況(笑)

で、マルチエクスペリエンス用のライン(待ち列)が作られました。

通常のスタンバイ列は「40分待ち」表示。

一方、

キャストさん
キャストさん
マルチエクスペリエンスの方は、20分ほどの待ち時間になります

とキャストさんが案内していました。

もちお
もちお
たしかに通常よりも短い待ち時間だけど…20分かあ…

と正直なところ、思いました。

イメージは、「すぐに乗り場直行」でした。

 

が、スタンバイ列に並んでいるゲストの方がいて、彼らからしたら「なんで急に割り込まれることになるんだよ」って話ですので、20分待つのは当然っちゃ当然です。

 

ピーターパン空の旅の画像10分ほど待った後、キャストさんにQRコードをスキャンしてもらって、スタンバイ列に合流しました

が、キャストさんがすごく大変そうでした。

ディズニーアトラクションでシステム調整を経験。マルチエクスペリエンスとはマルチエクスペリエンスのQRコードを端末で読み取る

ディズニーアトラクションでシステム調整を経験。マルチエクスペリエンスとはその直後に、スタンバイ列に並んでいるゲストの方に事情を説明
「前にゲストを入れていいか?」を確認

で、僕を列に合流させる

という流れです。

これを1回1回くり返していました。

 

たしかにスタンバイ列に並んでいるゲストに説明しないで他のゲストを前に入れたら

え?なんで?

ってなりますので、ゲストに説明しなければいけません。

それを毎回毎回やっているキャストさんがものすごく大変そうでした。

 

結局、ちょうど20分の待ち時間でアトラクションに乗ることができました。

システム調整とマルチエクスペリエンスのまとめ

システム調整の画像以上、

システム調整とマルチエクスペリエンス

について紹介しました。

今回、レアな体験をした結果、システム調整になると現場のキャストさんがとても大変な思いをすることを知りました。

もちろん、ゲストにとってはシステム調整は残念なことです。

が、ゲストの残念な思いをフォローすべく、奮闘してくださるキャストさんに感謝です。

 

最後に、このブログを読んで「ディズニーに行きたい!」って思ってくださった方へ。

ディズニー旅行の予約はExpedia(エクスペディア)でできます。

航空券とホテルの予約も一緒にできるので、ディズニー行きたい!って思った人はサクッと予約してしまいましょう!

Expediaでディズニー旅行のプランを考えてみる

 

以上、もちお(@sofmotmic)でした!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です