【映画・動画】

【大丈夫?】『アナと雪の女王2』の予告編を見た感想を本音で書く【アナ雪2】

【大丈夫?】『アナと雪の女王2』の予告編を見た感想を本音で書く【アナ雪2】「『アナと雪の女王2』の感想を知りたい」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@sofmotmic)です。

 

本記事では、

『アナと雪の女王2』(アナ雪2、原題:Frozen 2)の予告編を見た感想

を書きます。

 

100%本音で書きます。

個人ブログでディズニーから一切お金もらってませんので(笑)、ズバズバ書きます。

 

 

『アナと雪の女王2』の予告編を見た感想

予告編は感想はたったひとつ。

…これ、大丈夫か?ですw

 

エルサの過去って気にならなくないか?という話

アナ雪2の画像
引用:Disney

というのも、予告編を見る限り、エルサがなぜ魔法を使えるのか?を探るストーリーっぽいのですが、「観客のみんなは、エルサが魔法を使える理由なんてそんなに気にならないんじゃないのかな?」って思うからです。

 

もちお
もちお
実際、僕自身は「別にどうでもよくない?」って思ってしまっているのですw

アナ雪2のポスターには「なぜ、エルサに力は与えられたのか——。」と書かれています。

 

一切ワクワクしないんですよ。

 

ポスターのキャッチコピーを見ると、「たしかにどうしてなんだろう。気になるー!」っていう感情よりも、「別にそんなの興味ないし」っていう感情の方が強く湧き出てしまう

 

あれだけ大ヒットした『アナと雪の女王』の続編ということで、期待値が高まっている一方で、その裏返しで

もちお
もちお
どうせディズニーが続編作ってお金を稼いでやろうと思って作った駄作なんでしょ
もちお
もちお
ディズニー、調子にのるんじゃねえぞ

って思ってしまうんですよ。

だから、「なぜ、エルサに力は与えられたのか——。」っていうキャッチコピーを見ると、

もちお
もちお
そんな簡単にディズニーの策略に乗っかるほど、こっちは単純じゃねえんだよ

って思って(思おうとして)、「別にどうでもよくない?」って感じる。

 

この感覚、わかりませんか?

 

つまり、

大ヒットした前作の続編として作られた「蛇足の映画」に、乗っかりたくない

っていう思いがあって、予告編を見ても心打たれない…どころか「これ、大丈夫か?」って思うのです。

 

前作の公開からもう6年近く経っているのですが…時間が経ちすぎてしまったと思うんですよ。

前作を見た時の高揚感、興奮をもう忘れてしまっていて、なんか斜に構えている自分がいるんです。

 

 

そもそもアナ雪って面白かったか?という話

アナ雪2の画像
引用:Disney

で、このように感じる理由はもう一つあって。

それは、「そもそも『アナと雪の女王』って、そんなに面白かったっけ?」っていう思いがあるということ。

 

前作の『アナと雪の女王』があれだけヒットしたのって、ストーリーが面白かったからではなく、挿入歌が良かったからだと思うんです。

 

レリゴー旋風を巻き起こした『Let It Go』はもちろん、

  • 『Do You Wanna Build a Snowman?』(邦題:雪だるま作ろう)
  • 『For The First Time In Forever』(邦題:生まれてはじめて)

は、確かに名曲。

 

あの素晴らしい挿入歌があって、SNSやテレビで口コミが拡散されまくって、「アナ雪のムーブメントに乗っかりたい」ってみんなが思ったからこそ、『アナと雪の女王』は大ヒットしたのだと思うのです。

 

決して、「泣ける!」「ストーリーが最高!」「深い!」という口コミが拡散されたからヒットしたわけではないはず。

 

 

そう考えると、

もちお
もちお
アナ雪2は『Let It Go』『Do You Wanna Build a Snowman?』『For The First Time In Forever』と並ぶくらいの名曲を用意している作品なの?

という疑念を抱かざるをえない。

 

どうも、「なぜ、エルサに力は与えられたのか——。」というキャッチコピーを見ると、今作はストーリーを前面に押し出している感じがして、「いやいや、アナ雪って別にストーリーはそんな秀逸じゃなかったし」って思ってしまうのです。

 

予告編の中でエルサが、(たぶん両親が亡くなった理由の”荒波”と重ねているであろう)荒れ狂った海に何度も挑む姿を映し出されるのですが…どうも冷めた目で見てしまいます

もちお
もちお
「アナ雪」に求めているのは、名曲なんだよ…

という。

 

 

でも、期待していないこともない

アナ雪2の画像
引用:Disney

とはいえ、期待がゼロというわけではありません。

 

むしろ、期待しているからこそ、ここまで「大丈夫か?」と不安になるのです。

 

 

あのディズニーが作る映画ですから、そしてあの大ヒット作の続編ですから、「駄作」を作るわけはありません。

おそらく、『Let It Go』に並ぶような名曲が用意されているんだけど、予告編ではあえて隠しているのだと思いたい。

で、公開と同時に、映画を見た人の口コミとともに一気に拡散して、ムーブメントを作ろうとしているのだと思いたい。

 

 

というわけで、期待してます。

 

ディズニー映画が観られる動画配信サービス(アプリ)

ディズニー作品を観られる動画配信サービスを紹介すると、こんな感じ(NetflixやHuluはほぼほぼ観られないのでNG)

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラス

月額700円(税抜)。
ディズニー作品しか視聴できないが、「ディズニー」「ピクサー」「スター・ウォーズ」「マーベル」の動画が見放題
31日間無料体験あり。
U-NEXT
U-NEXT
月額1,990円(税抜)。
見放題の映像本数が超多い。
ディズニー作品は課金が必要。
毎月1,200ポイントもらえて、有料のディズニー映画も3~4本レンタルできる。
1つの契約で、アカウントを無料で3つまで追加できる(家族に有利)
31日間無料体験あり。
アマゾンプライムの画像Amazonプライム 月額500円(税抜)。
年間契約にすると月額408円(税抜)で、学生なら月額204円(税抜)という破格の値段
ディズニー作品は課金が必要。
Amazonのお急ぎ便無料、プライムビデオ、音楽聴き放題など、生活に密着したサービスが超充実。
加入して損はしない。
31日間無料体験あり。

ビデオパス
月額562円(税抜)。
ディズニー作品は課金が必要。
毎月550ポイントもらえて、有料のディズニー映画も1~2本レンタルできる。
映画館のチケットが割引になる(最大800円割引)
30日間無料体験あり。
dTV
dTV
月額500円(税抜)。
ディズニー作品は課金が必要。
dポイントを利用できる。
31日間無料体験あり。

 

 

Disney+ (ディズニープラス)の無料体験はこちら

Disney+ (ディズニープラス)

※無料期間中(31日以内)に解約すれば料金は一切発生しません。

 

 

U-NEXTの無料体験はこちら

>>31日間無料体験

※無料期間中(31日以内)に解約すれば料金は一切発生しません。

 

 

Amazonプライムの無料体験はこちら

Amazonプライム

>>30日間無料体験キャンペーン

※無料期間中(30日以内)に解約すれば料金は一切発生しません。

 

student会員

>>6ヶ月無料体験キャンペーン

 

 

ビデオパスの無料体験はこちら

>>ビデオパスの無料体験

※無料期間中(30日以内)に解約すれば料金は一切発生しません。

 

 

dTVの無料体験はこちら

>>dTV

※無料期間中(31日以内)に解約すれば料金は一切発生しません。

 

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA