パークお役立ち情報

キャストさんに幸せをもらいました

いつも通りひとりディズニーしてたら、

キャストさんに幸せをもらったよ!!!

そんな話をだらだら書かせてください。

われらがシンドバッドへ

お一人様(ぼっち)御用達のシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジでのお話です。

 

シンドバッドってなんだ?って人へ。

ディズニーシーの休憩所。夏は涼しくて冬はあったかい。

いつ行っても5~10分待ち。

たまに15分待ちになると「シンドバッドどうした」とTwitterでみんながザワザワし出す、ボートに乗るあれです。シー版のイッツ・ア・スモールワールド。

 

ある日、ぶらぶらとあてもなくシーをさまよっていたぼっちのボクは、やっぱりいつも通り「とりあえずシンドバッド」って思って、シンドバッドに吸い込まれて行ったわけですわ。

キャストさんの瞬時の気遣い

安定の5分待ち。

久々に写真撮りたいなー

って思って、一眼レフを首からさげた状態でアトラクション乗り場に到着。

 

乗り場までは直行で、ボクの前にいたのは3組。

ボクをふくめて4組がシンドバッドのボートに乗船することになりました。

1組目は1番乗り場へ(先頭)

2組目は2番乗り場へ

3組目は3番乗り場へ

 

ボク  は5番乗り場へ(最後尾)

ん?

ボクの前の列だけ空いた状態で案内されました。

ますますぼっち。。。

ボードに乗船。

 

さー気を取り直して写真撮るぞー

って思ったところで気づきました。

キャストさん、

ボクが一眼レフを首からさげていたのを見て、写真を撮りやすいように4列目を空けてくれたんだ!

※シャッター音がどうしても鳴ってしまうので、他のゲストへの配慮っていう意味もあったと思う。

 

瞬時に気遣いをしてくれるキャストすげえ。

写真を撮り終えて、いろんな意味で幸せな気持ちになって、ボートから降りましたとさ。

おしまいっ!



一人ディズニーのメリットと楽しみ方を全力で解説する【行かなきゃ損】一人ディズニーに行こうか迷っている人 「一人ディズニーデビューに少し興味があるんだけど、楽しめるか不安。周りの人の目も気になるし、、、どうしよう。」 こういった疑問に答えます。 今回の記事では、 一人ディズニーを全力で楽しんでいるもちおが、 一人ディズニーのメリット(魅力)や楽しみ方、注意点を全力でお伝えします。...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です