【写真・カメラ】

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】「70-200mm、通称ナナニッパの望遠レンズってどんな感じで撮れるの?ディズニーでも使いやすい?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@sofmotmic)です。

 

写真にハマると、だんだん望遠レンズが欲しくなってきますよね。

そこで購入対象にあがってくるのが、大三元の憧れの白レンズ、いわゆる「ナナニッパ」(焦点距離70-200mm、開放F2.8通しのレンズ)

 

そこで本記事では、

ナナニッパ

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • ナナニッパの使用イメージが湧く

 

この記事の信頼性

  • 僕は、キャノン(Canon)のEF70-200mm F2.8L IS Ⅲ USMを使っています。
  • 実際の使用感を記事に書きます!

 

カメラに関する他の記事もあります!(記事の最後にもう1回載せます)
▶️【2020】ディズニーにおすすめのカメラまとめ(一眼レフ・ミラーレス)【選び方・機種】
▶️ディズニーでおすすめのカメラバッグ8選!写真好きが紹介します【一眼レフ】

 

【重要】使用機材について

ちなみに、僕の一眼レフの使用ボディはキャノン(Canon)のEOS 5D Mark Ⅳ(センサーサイズはフルサイズ)

なので、APS-Cサイズのカメラを使っている人は、この後で紹介する撮影写真よりも大きめにキャラ・ダンサーを写すことができます

 

 

70-200mm(ナナニッパ)をディズニーで使ってみた

掲載写真は、RAWデータで撮影していて明るさや色味の調整はしていますが、トリミング(画像の不必要な部分を切り取る作業)はしていません。

 

 

【ランド】パレード

ウエスタンランドパレードルートの画像

撮影場所は、ウエスタンランドのパレード立ち見最前列です。

 

 

ウエスタンランドパレードルートの画像

この写真でだいたいの位置をイメージしていただけるでしょうか。

 

 

うさたま大脱走の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 70mm
シャッタースピード 1/800秒
F値 5.6
ISO感度 400

遠くのフロートを撮るとこんな感じ。

 

 

うさたま大脱走の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/800秒
F値 5.6
ISO感度 400

正面まで来たダンサーを撮るとこんな感じ。

 

 

うさたま大脱走の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/800秒
F値 5.6
ISO感度 320

正面まで来たプルートはここまで寄りで撮れます。

 

 

うさたま大脱走の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/800秒
F値 5.6
ISO感度 320

正面まで来たミッキーを撮るとこんな感じ。

 

このように、EF70-200mm F2.8L IS Ⅲ USM(ナナニッパ)はパレードの撮影で十分に使えますね!

 

 

【ランド】ステージショー

撮影場所はショーベースの真ん中くらいの列でした。

 

 

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 102mm
シャッタースピード 1/800秒
F値 2.8
ISO感度 800

アリたち。

 

 

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 180mm
シャッタースピード 1/640秒
F値 2.8
ISO感度 1000

わりと大きく写すことができます。

 

 

【シー】ハーバーショー

撮影場所はリドアイルの端っこです。

 

 

tip-topイースターの画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/640秒
F値 6.3
ISO感度 2000

リドアイルにいるダンサーは問題なく撮れます。

 

 

tip-topイースターの画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/640秒
F値 6.3
ISO感度 1600

リドアイルに停泊しているバージにいるキャラクターの写真。

 

 

tip-topイースターの画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/640秒
F値 6.3
ISO感度 1600

リドアイルの横を通り抜けるバージに乗っているキャラクターの写真です。

ちょっと小さいなあ、というのが率直な印象。

 

 

トリミングをすれば以下のような写真になります。

tip-topイースターの画像 tip-topイースターの画像

 

「トリミングはしたくない」っていう場合は、テレコンバージョンレンズを使うのがおすすめです。

 

テレコンバージョンレンズとは、取り付けることでより望遠に写すことができるようになるアクセサリーのこと。

例えば、1.5倍のテレコンバージョンレンズを使うと、望遠135mmのレンズが約200mmのレンズになります。

 

 

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/800秒
F値 2.8
ISO感度 400

橋の上から撮った写真。

 

 

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/800秒
F値 2.8
ISO感度 400

橋の上から撮った写真。

 

このように、EF70-200mm F2.8L IS Ⅲ USM(ナナニッパ)はハーバーショーの撮影ではちょっと物足りないかもしれません。

 

 

【シー】風景

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 70mm
シャッタースピード 1/320秒
F値 13.0
ISO感度 100

ソアリンの写真です。

 

 

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 70mm
シャッタースピード 1/200秒
F値 9.0
ISO感度 100

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテのテラス席から撮った写真です。

 

 

【ランド】パレード

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/500秒
F値 2.8
ISO感度 2000

パレードルート(プラザ)のベンチから撮りました。

 

 

ナナニッパ(70-200mmの望遠レンズ)レビュー【ディズニーで検証】
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/500秒
F値 2.8
ISO感度 5000

パレードルート(プラザ)のベンチから撮りました。

開放F2.8通しのレンズの強さが表れていますね。

 

 

【ランド】ステージショー

ディズニーランドのワンマンズ・ドリームⅡを撮影しました。

撮影場所は、会場の最後列、ほぼ中央の席です。

 

 

ワンマンズ・ドリームⅡの画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/640秒
F値 2.8
ISO感度 640

トリミングなしでもこれくらい寄れます。

APS-Cサイズのカメラの人はもっと寄りで撮影できますね。

 

 

ワンマンズ・ドリームⅡの画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/640秒
F値 2.8
ISO感度 8000

さすがに暗い中なのでISO感度8000での撮影でザラザラ感はありますが。

 

 

ワンマンズ・ドリームⅡの画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/640秒
F値 2.8
ISO感度 160

最後列でも結構うまく撮れます。

 

 

ディズニーランドのレッツ・パーティグラ!です。

撮影場所は、ステージに向かって一番左の列、中央からやや後ろの席。

 

 

パーティグラの画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 135mm
シャッタースピード 1/200秒
F値 5.0
ISO感度 6400

シャッタースピードをミスりました。

 

 

 

【シー】ハーバーショー

ディズニーシーのハーバーショー(ファンタズミック!)を撮影しました。

このショーの撮影が、パーク内での最難関だと思っています。

撮影場所はリドアイルのほぼ中央です。

 

 

ファンタズミック!の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 70mm
シャッタースピード 1/250秒
F値 2.8
ISO感度 800

ハーバー中央のスクリーンバージの全景は、焦点距離が70mmでも十分に撮影できますね。

 

 

ファンタズミック!の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/250秒
F値 2.8
ISO感度 5000

焦点距離を200mmにしてズームにすれば、こういう写真も撮れます。

 

 

ファンタズミック!の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/250秒
F値 2.8
ISO感度 4000

最後のクライマックスでの、バージに乗るキャラクターはこれくらいの大きさで撮れます。

 

 

ファンタズミック!の画像

トリミングすればもうちょっと大きくできます。

 

 

ファンタズミック!の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/250秒
F値 2.8
ISO感度 5000

最難関はスクリーンバージの上に立つミッキー。

200mmだと物足りないですね。

 

 

トリミングをすれば以下のような写真になります。

ファンタズミック!の画像

「トリミングはしたくない」っていう場合は、テレコンバージョンレンズを使うのがおすすめです。

 

テレコンバージョンレンズとは、取り付けることでより望遠に写すことができるようになるアクセサリーのこと。

例えば、1.5倍のテレコンバージョンレンズを使うと、望遠135mmのレンズが約200mmのレンズになります。

 

 

【シー】ステージショー

ディズニーシーのハロー、ニューヨーク!の写真です。

撮影場所は、会場の柵の外の立ち見最前列。

 

 

ハロー、ニューヨーク!の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/250秒
F値 4.5
ISO感度 640

最大までズームしてこれくらいです。

これでも問題ないかなと思いますが、もっとキャラクターのアップがほしければトリミングすれば良いですね。

 

 

ハロー、ニューヨーク!の画像
使用ボディ Canon EOS 5D Mark Ⅳ
使用レンズ Canon EF 70-200mm f/2.8 IS Ⅲ USM
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/250秒
F値 4.5
ISO感度 800

 

 

【ディズニー】70-200mm(ナナニッパ)の大きさと重さ

EF70-200mm F2.8L IS Ⅲ USMは他のレンズと比べるとやっぱり大きくて、約1,480gと重めです。

 

なので、ずっと首からぶらさげてパークを歩き回ると、さすがにしんどい思いをすることになります。

 

が、ショーやパレードの約30分ほどであれば、耐えられない重さでは全くないので、大丈夫だとは思います!

 

ちょっと値段が高すぎる…という時は、テレコンバージョンレンズがおすすめです。

 

まとめ

以上、

ナナニッパ

について解説をしました。

 

まとめると、

  • F値が2.8通しで明るいレンズなので、シャッタースピードを上げやすいのが便利
  • キャラクターやダンサーの動きがあるショー・パレード向きのレンズ

となります。

 

カメラに関する他の記事もあるので、ぜひ読んでくださるとうれしいです!

▶️【2020】ディズニーにおすすめのカメラまとめ(一眼レフ・ミラーレス)【選び方・機種】

▶️ディズニーでおすすめのカメラバッグ8選!写真好きが紹介します【一眼レフ】

 

もちお(@sofmotmic)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA