【クレカ】

ディズニーのキャッシュレス事情のまとめと僕の体験談【超おすすめ】

ディズニーのキャッシュレス事情のまとめと僕の体験談【超おすすめ】「ディズニーランド、ディズニーシーでキャッシュレスってできるの?」 

こんなふうに考えていませんか?

このブログ記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

こんにちは。もちお(@sofmotmic)です。

 

本記事では、

ディズニーランド、ディズニーシーでのキャッシュレス

について書きます。

ディズニーランド、ディズニーシーでのキャッシュレスを体験した感想

ドックサイドダイナー(東京ディズニーシー)の画像

僕は、キャッシュレス決済派(Apple Watchで、iD決済しています)

実際にパークでキャッシュレス決済をして、良いなと思ったことが3つあります。

 

1つ目は、会計の時にストレスがなくなったこと。

Apple Watchでカチカチっとボタンを押してiDの決済準備をし、リーダーにかざすだけで決済完了になるので、圧倒的に楽です。

 

現金だと、財布を出すのが面倒ですしお釣りのやりとりとかがすごく大変。

また、クレジットカードだといちいちクレジットカードを取り出すのが面倒。

 

電子マネーでの決済に変えたことで、そんなストレスから解放されました。

 

 

2つ目は、会計が圧倒的に速くなって回転率アップに貢献している感覚を持って自己満足できること(笑)

で、自分が楽になるだけでなく、会計が速くなるのでお店の回転率がアップします。

 

自分、ディズニーの回転率アップに貢献してるで~

って、自己満足できます(笑)

 

ただ、電子マネー会計(クレジットカード会計)の時は、キャストさんは入念に確認してきます。

 

レジに登録した後に「やっぱり変更で」ってなった時に、電子マネーやクレジットカードだと返金処理が大変だからです。

 

なので、キャッシュレス決済の場合は、「やっぱりこっちで」とかはやめましょう。
(返金処理の操作をできるキャストさんが来るまで待たなきゃいけない)

 

 

3つ目は、パークで使った金額をチェックできること。

スマホやPCで、どれくらいお金を使ったのかをチェックできます。

自己管理できます。

 

 

まだキャッシュレスにしていない人は、ぜひキャッシュレスに。

便利ですよ。

 

▶️ディズニー・デザインの楽天カードを持つと、こんな良いことがある【解説】

ディズニー・デザインの楽天カードを持つと、こんな良いことがある【解説】
ディズニー・デザインの楽天カードを持つと、こんな良いことがある【解説】「ディズニー・デザインの楽天カードがかわいいなと思ったんだけど、普通の楽天カードと何が違うの?」 「もう楽天カードを持っている場合は、一回解約しなきゃいけないの?」 こんなふうに悩んでいませんか? このブログ記事は、そんなあなたに向けて書いています。 本記事では、ディズニー・デザインの楽天カードについて説明をします。...

 

ディズニーランド、ディズニーシーでのキャッシュレス事情

クレジットカード

クレジットカードの画像

まず、

についてですが、「基本的に使える」と思って大丈夫です。
(基本的には一回払い)

 

公式の情報をまとめておくと、こんな感じ。

利用できるクレジットカード(引用:東京ディズニーリゾート

  • JCB
  • VISA
  • マスター
  • アメックス(アメリカンエキスプレスカード)
  • ダイナースクラブ
  • 銀聯(ギンレンカード)
  • ディスカバーカード

 

 

ただ、一部の施設ではクレジットカードは利用できません。

クレジットカードが利用できない施設(引用:東京ディズニーリゾート

  • バルーンベンダー(風船屋)
  • 光るグッズを販売しているワゴン
  • ワゴンスタイルの飲食施設

 

3つ目のワゴンスタイルの飲食施設について、少し解説するとこんな感じ。

  • ポップコーンワゴンやアイスクリームワゴンなどの、「レジがあって、しっかりとしたワゴン」では、クレジットカードは利用可能
  • 一方、レジがなくて、キャストさんがハンディータイプのバーコードリーダーでバーコードをピッとスキャンしてから決済するような「小さなワゴン」では、クレジットカードは利用不可

 

クレジットカードが利用できたとしても、

  • 切手
  • ギフトカード
  • フードバウチャー(食事券)

は、クレジットカードで購入できません。(引用:東京ディズニーリゾート

 

 

▶️ディズニー・デザインの楽天カードを持つと、こんな良いことがある【解説】

ディズニー・デザインの楽天カードを持つと、こんな良いことがある【解説】
ディズニー・デザインの楽天カードを持つと、こんな良いことがある【解説】「ディズニー・デザインの楽天カードがかわいいなと思ったんだけど、普通の楽天カードと何が違うの?」 「もう楽天カードを持っている場合は、一回解約しなきゃいけないの?」 こんなふうに悩んでいませんか? このブログ記事は、そんなあなたに向けて書いています。 本記事では、ディズニー・デザインの楽天カードについて説明をします。...

 

電子マネー

東京ディズニーリゾートの電子マネー読取機の画像

ディズニーランドやディズニーシーで電子マネーは利用できるのか?

についてですが、一部の電子マネーは利用不可です。

 

交通系IC(Suica/Kitaca/PASMO/manaca/TOICA/ICOCA/はやかけん/nimoca/SUGOCA)
iD
QUICPay
nanaco ×
WAON ×
楽天Edy ×
au WALLET ×

 

 

ただ、一部の施設では電子マネーは利用できません。

電子マネーが利用できない施設(引用:東京ディズニーリゾート

  • バルーンベンダー
  • 身につけグッズや光るグッズなどを販売している一部の商品ワゴン
  • 一部のフードワゴン(ポップコーンワゴン、東京ディズニーシーのアイスクリームワゴンではご利用いただだけます)

3つ目のフードワゴンについて、少し解説するとこんな感じ。

  • ポップコーンワゴンやアイスクリームワゴンなどの、「レジがあって、しっかりとしたワゴン」では、電子マネーは利用可能
  • 一方、レジがなくて、キャストさんがハンディータイプのバーコードリーダーでバーコードをピッとスキャンしてから決済するような「小さなワゴン」では、電子マネーは利用不可

 

電子マネーが利用できたとしても、

  • 切手
  • ギフトカード
  • フードバウチャー(食事券)

は、電子マネーで購入できません。(引用:東京ディズニーリゾート

※パークチケットは電子マネーで購入できません。(引用:東京ディズニーリゾート

 

パーク内で入金(チャージ)できる場所はないので要注意。

交通系ICなら、ディズニーリゾートラインの駅にある券売機や窓口でチャージ可能です。東京ディズニーリゾートより

 

 

レジで残金が不足していた場合、交通系ICのみ、不足分を現金やギフト券で支払うことは可能。東京ディズニーリゾートより

 

電子マネーで支払える上限金額は、

  • QUICPay:種類により異なる
  • iD、交通系IC:1回の会計につき2万円まで

となります。東京ディズニーリゾートより

 

ディズニーランド、ディズニーシーでのキャッシュレスのまとめ

以上、

ディズニーランド、ディズニーシーでのキャッシュレス

について解説をしました。

 

もちお(@sofmotmic)でした。

▶️ディズニー・デザインの楽天カードを持つと、こんな良いことがある【解説】

ディズニー・デザインの楽天カードを持つと、こんな良いことがある【解説】
ディズニー・デザインの楽天カードを持つと、こんな良いことがある【解説】「ディズニー・デザインの楽天カードがかわいいなと思ったんだけど、普通の楽天カードと何が違うの?」 「もう楽天カードを持っている場合は、一回解約しなきゃいけないの?」 こんなふうに悩んでいませんか? このブログ記事は、そんなあなたに向けて書いています。 本記事では、ディズニー・デザインの楽天カードについて説明をします。...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です