【海外パーク】

【浮遊感は?怖い?】上海ディズニーのアトラクション「トロン」を語る!

【浮遊感は?怖い?】上海ディズニーのアトラクション「トロン」を語る!「上海ディズニーランドのジェットコースター”トロン”について知りたい」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@sofmotmic)です。

 

本記事では、

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン」

について書きます。

 

この記事を読むと

  • 上海ディズニーランドのアトラクション「トロン」についてわかる

 

この記事の信頼性

  • 筆者は実際に上海ディズニーランドに行ってきた(ひとりでw)

 

上海ディズニーランドのジェットコースター「トロン」とは

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

正式名称は「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」。(TRON Lightcycle Power Run)

 

 

コンピューターの世界をライトサイクルで駆け抜ける、ディズニーパーク最速のジェットコースターです。

 

1982年のアメリカのSFアクション映画『トロン』と、2010年のアメリカのSFアクション映画『トロン:レガシー』を元にしたアトラクション。

 

体験時間 約2分
乗車制限 122cm未満は不可
ファストパス あり
場所 トゥモローランド

 

「上海ディズニーランドと言えばこれ!」というモンスター級アトラクション。

どのブログを見ても、「最高!」と評価されているアトラクション。

 

もちお
もちお
確かにスゴいです。

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

ドカーーーーンと行きます。

涙が出ます(目が乾燥して)。

そして、世界観がすごいです。

 

これは実際に体験しないと分からないので、ぜひ上海に行ってほしいです。

 

 

僕が行った時はパークがかなり空いていたので、10分待ちで乗れました。

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

見てください、この外観。

マジでカッコいいです。

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

昼は開放感があって最高。

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

夜は超キレイです。

昼と夜で1回ずつ乗りたくなります。

 

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像 上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

そして、これがキューライン(待ち列)。

かっちょ良すぎ。

 

上海ディズニーランドのトロンの乗車方法について

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

で、このアトラクションのスゴいところは、乗り方。

こんな感じで、バイク型のライドなので、うつ伏せっぽい形で乗ります。

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

手で握る部分を手前に引くと、背もたれがグッと前に出てきて、体が固定されます。

 

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

車椅子のゲストなど、うつ伏せで乗るのが難しいゲスト用のライドも用意されています。

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

最後列のライドが、こんな感じで車型になっているタイプもあるのです。

お腹の前にある安全バーを手前に引いて体を固定する、よくあるタイプ。

 

 

 

大事な大事な注意点について話をします。

 

このアトラクション、当然ですが荷物を持ったまま乗車することができません。

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

そのため、荷物を預けるロッカーが設置されています。

ですが、ロッカーを使わなくてもOK。

 

乗車直前に、荷物を入れる棚みたいなものがあるので、そこに荷物をぶちこむことができるからです。

乗車後には、降りる場所に棚が移動されていて、そこから自分の荷物をピックアップして退出となります。

 

もちお
もちお
で、僕もリュックやポケットの中の私物をその棚にあずけたわけです。

 

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

が、ちょっとした事件が。

なんとリュックがゴミ箱の上に無造作に置かれていたのです。

そして、ポケットの中の私物も、無造作に置かれていたのです。

 

 

ゲストが棚から荷物を取り出す時に、たぶん結構な時間がかかるんだと思います。

だから、キャストさんが前もって棚から荷物を取り出してくれていたわけです。

 

 

「ありがたいな…」と思いつつ、「でもゴミ箱の上か…」とも思いつつw

さあ退出するぞ、と思って荷物をチェックしてみると、なんとカギがないことに気付きました

ポケットの中からカギを出して、棚に入れておいたのですが…なくなっていたのです。

 

ポケットの中を探しても、リュックの中を探しても、ない。

 

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

キャストさんに「カギを置いたんですけど、なくなっています」って下手な英語で伝えたところ…

「知らない。最初からなかったよ。」と、確認すらせず適当な対応ww

 

「いやいや、絶対あるから。棚から出し忘れたんでしょ。」って思って、他のキャストにも伝えました。

「これくらいの大きさで…色は黒で…」と。

 

で、他のゲスト用に使っていた棚を「しぶしぶ」確認してもらったところ、やっぱりありました。

 

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

というわけで、小物は必ずリュックの中に入れることをおすすめします。

一応、手で握る部分に小物を入れるフタ付きの収納スペースはあるので、スマホや鍵などを入れることはできますが…忘れ物しそうなのであまりおすすめできないです。

 

荷物に関するトラブルを避けたい場合は、ちょっと面倒ですがロッカーを利用しましょう。

 

上海ディズニーランドのトロンは怖い?浮遊感は?

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

上海ディズニーランドのトロンは怖い?浮遊感はあるの?と思ったあなたへ。

 

怖いか怖くないかで言うと、怖いかもしれませんw

 

一般的な乗り物と違って体が固定されている感じが弱いというか、無防備な感じがあるからです。

 

それでいて、ライドがものすごいスピードで走るので、割と恐怖感はあります。

 

ただ、超絶速いのは最初の10秒くらいで、屋内に入ってからはところどころで減速します。

屋内はスピードがコントロールされている感じがします。

屋内は余裕です。

 

というわけで、最初の屋外の部分の10秒くらいを乗り切れば大丈夫ですw

 

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

浮遊感はあんまりないと思います。

 

スプラッシュマウンテンやタワー・オブ・テラーのような浮遊感はないです。

どっちかと言うと、Gがかかる感じ。

 

もちお
もちお
「うおぉぉぉぉぉぉぉ」って言いそうになります(謎)

 

落ちる感じはないので、スプラッシュマウンテンやタワー・オブ・テラーがダメな人でも乗れると思います。

 

 

ネタバレが嫌な人は見ない方が良いですが、いちおう動画を貼っておきます。

 

とはいえ、動画と実際の感覚はかなり違うので…上海に行きましょうw

 

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン」のまとめ

上海ディズニーランドのアトラクション「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン」の画像

以上、

上海ディズニーランドのジェットコースター「トロン」

について書きました。

 

まとめると、

  • マジでカッコいいアトラクション
  • うつ伏せっぽい形で乗る、新感覚なアトラクション
  • 小物は全部リュックの中に入れるべし
  • 速いから怖いけど、浮遊感はない

となります。

 

上海ディズニーに関する記事がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください!

 

もちお(@sofmotmic)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です